乾燥は大敵

私は10代の頃は化粧水すらつけたり、つけなかったり…乾燥しているなぁと思っていてもさほど気にしていませんでした。しかし20代になった時、周りを見るとみんなスキンケアに力を入れ始めていて、私も遅ればせながら20代からスキンケアをきちんとするようになりました。まず、一番言われたことは、乾燥がしわを作る原因になるため、どんなに時間が無くても、化粧水と乳液だけはつけるということでした。そして化粧水の場合、お風呂に入ってでてきたら即座につけなければいけないということでした。私は忘れないようにするため、洗面台のよく見えるところに化粧水をおいています。

そして20代後半に入る前から、コラーゲンのエッセンスをつけるようになりました。こちらは導入液として使用していて、朝はつけません。夜に洗顔後すぐこちらをつけてから化粧水をつけるようにしました。年齢を重ねるにつれ、スキンケアも必要なものはプラスしたほうが良いと思い、肌にハリをもたせるため使用し始めたところ、肌がもちもちとするようになりました。また洗顔後すぐつけるので肌が乾燥してる時間もほぼなく常に肌が潤ってる状態を保てていると思います。そして、コラーゲンエッセンスを使い始めたと同時に、アイクリームと保湿ジェルも使い始めました。若い時から色々つけるのは逆に肌に負担がかかると思っていたので、若いときはシンプルにケアをし、年齢が上がるのと同時にスキンケアに必要なものを考えるようになりました。アイクリームを20代から使用していたおかげか、アラサーの今も目尻などの目の周りにしわは一切ありません。目元は一番皮膚も薄く、乾燥しやすいので特に気をつけていたのですが、今もなおしわなど一切ないのはやはりアイクリームを20代から使用しているからだと思います。私は高いものではなく、1000円ぐらいのものを使用していますが、値段よりも継続してケアするということが一番重要なんだと実感しています。そして保湿ジェルも肌のうるおいを守ってくれる役割を果たしてくれていて、冬になっても肌が乾燥してる感じることは今もなく、目元同様に肌の潤いが守られているためか顔にもしわや法令線などありません。

やはり肌のケアは高いものを使用してもったいないからとケチって使うよりも、安くてたっぷり使えるものをに毎日忘れず使用することが一番大事だと思います。